褌ブログRSS

六尺褌の美学。の情報は以下のとおりです。

サイト名
六尺褌の美学。
サイトの説明
日本の伝統的衣裳「六尺褌」を通じて、その思想と美学を大真面目に語ります。
サイトのURL
https://japanese-beauty.at.webry.info/

新着記事一覧

晒木綿あれこれ
2019/06/22 13:07
六尺褌の素材として代表的なものが、晒木綿(さらしもめん)です。晒木綿は文字通り、木綿を晒して白く仕上げたもので、通称「サラシ」と呼ばれます。サラシと一口に言いましても、昔ながらの熱処理を施した和晒、薬...
「道」
2019/06/22 13:03
筋骨隆々、褌姿も勇ましく。大太鼓に立ち向かう益荒男の姿が、そこにある。太鼓芸能集団「鼓童」の、全国公演「道」のポスターである。ここ暫く、彼らは強い肉体表現から距離を置いていたように思う。新しいチャレン...
蘇民将来
2019/02/01 14:53
大寒の暦めくるその頃、みちのくの山懐を訪ねた。 「蘇民祭」は、岩手県に特異的に集中している。その流脈は、かの高名な黒石寺蘇民祭に源を発し、今ある数多の蘇民祭は、その祭儀に遡ると聞く。 近頃では、共にこの...
会津再訪
2018/01/13 13:30
本当に不思議なことがある。晒半反ただ一つ、褌を締め上げてから、針を刺すようなあの冷たさは、どこへ飛んでゆくのだろうか。 会津柳津虚空蔵尊・七日堂裸詣り。今年もこの場所にある事を慶ぶ。 荒くれ者の祭りでは...
素心若雪
2017/02/11 15:57
さきの会津の寒詣、実は筆者も参加した。心構えは正直無かった。ただ、無理強いでも不可抗力でもなく、ごくごく自然な流れというのか、そんな不思議な受容力が、そこにはあった。思い立ったらすぐにでも、とばかりに...
七日堂裸まいり
2017/02/02 20:07
山奥、という感じはしないのは、思いのほか雪が少ないからだろうか。こんもりと緩やかな丘に抱かれ、眼前には遥か水面が開ける。急峻な崖上に建つ堂宇に至ると、夕刻を告げる寺の鐘が鳴る。うねる様なその響きに耳を...
様式の美 用の美
2017/01/19 16:07
鬼太鼓座 北本公演「疾風迅雷」鬼太鼓座 暁 akatokiを駆ける! へ。小旅行気分で、電車に揺られると、人波を抜けた穏やかな年の瀬。午後の景色は、初春を思わせる麗らかさ。丁度良い散歩で会場へ。「最後まで居なくたっ...
緊褌一番
2016/07/10 16:16
「緊褌一番」と言う言葉を、聞く機会がおありだろうか。過日、ふと手にした緑茶のペットボトルにこの四文字を見つけることができた。俳句大会を主催していることで知られる、日本の清涼飲料メーカーのものである。そ...
御精進
2016/03/06 14:55
今年の黒石寺は、妙に暖かかった。ただそれは、祭を見守る側にとってだけの事情である。肌を刺すような雪、そこに裸で転げ落ちる男たち。そんないつもの光景は嘘のように、本堂まではぬかるむ道を漕ぎながら進む。蘇...
清廉潔白
2014/02/16 11:51
今年も、みちのくに「黒石寺蘇民祭」を訪ねた。平日只中の挙行となった今年は、俗界からの人出も鈍い。しかもその日は、「真冬の底冷え」暦の上では立春を過ぎたが、北の風は容赦を知らない。何の思召しか、一山周辺...
演出としての締込
2013/11/09 16:41
過日、NHKで太鼓奏者の林英哲氏の対談番組を拝見しました。曰く、「恵まれない境遇を嘆かない」この言葉の重みは沁みました。打芸より気迫を先に問うた先達。そこに今も確かな疑念を持つ。その分野の頂きを知る人なら...
アメリカの褌
2013/08/18 11:04
外国人の目に、六尺褌はどのように映るのでしょうか。「褌を締め直す」という言葉と、それが生まれる風土、背景を知らない彼らにとって、それは単に「下着」であり、露出度の高いパンツという評価に成らざるを得ない...
半幅についての私見
2013/08/18 10:54
六尺とは現代、あくまでも長さを限定する言葉ではないことをお伝えしました。今日は、布の幅を半分にする「半幅」について、私見を申し述べたいと思います。インターネット上を回遊しますと、現代、「半幅」と呼ばれ...
七尺褌
2013/08/18 10:53
六尺褌と言えば、晒一反木綿を手ずから裁って下ろすもの。そんな思い込みは晴れて、インターネットで注文する時代が、だいぶ以前から到来しています。もとより、東京・浅草寺界隈を歩きますと、古くからの商店、とり...
祝祭のまちで
2013/07/01 00:02
太鼓芸能集団「鼓童」の、浅草公演を目にする機会を得ました。浅草と言えば、東京ではかつての「大衆芸能」華やかなりし頃、その原初たる地。彼らがなぜ今ここに、との思いを胸に抱きながら。やはり見どころは、「大...
Web Reader